一般歯科

当クリニックの虫歯治療の考え

一度虫歯になってしまった歯は自然に治ることはありません。治療せずに放っておくと悪化の一途をたどり、痛みを伴い、最終的には抜歯が必要となるケースもあります。

当クリニックでは、虫歯のメカニズムや治療法を知ることがまず大事だと考えています。若いうちから毎日のセルフケアを習慣化することで、年齢を重ねても健康な状態を保ちやすくなります。

クリーニングや定期検診にも力を入れておりますので、お気軽にいらしてください。

虫歯の進行と治療について

初期の虫歯(C0)

症状:歯の表面のエナメル質が少し溶け始めた状態。白く濁って見えます。
治療法:フッ素塗布と毎日の適切なブラッシングで治癒します。

エナメル質の虫歯(C1)

症状:エナメル質が溶け、表面が黒くなります。痛みはまだありません。
治療法:虫歯になった部分を削り、詰め物や被せ物でカバーします。

象牙質の虫歯(C2)

症状:虫歯が象牙質に到達した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになります。
治療法:虫歯になった部分を削って、詰め物や被せ物でカバーします。

神経の虫歯(C3)

症状:虫歯が神経まで到達した状態。何もしなくても激しい痛みが続きます。さらに進行すると歯ぐきが腫れて化膿します。
治療法:必要に応じて歯の神経を除去する根管治療を行い、被せ物を被せます。

歯根の虫歯(C4)

症状:歯冠部がなくなり、神経が死んでいるため痛みは感じません。歯根の周囲が化膿すると再び激しく痛みます。
治療法:やむを得ず抜歯を行う場合、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで失った歯の機能を補います。

当クリニックの歯周病治療の考え

歯が抜けるのは、老化現象ではありません。

日本人で歯を失う原因の第一位は歯周病です。歯周病は、プラーク(歯垢)に潜む細菌が歯ぐきや顎の骨などの歯周組織に炎症を引き起こす病気です。初期には自覚症状がほとんどないため、気付いたときには、かなり症状が進行していることもあります。ですから、早め早めの健診と治療がとても大切です。重症化すると、場合によっては歯を抜かなくてはなりませんが、当クリニックでは、患者さまの大切な歯を残すことを第一に考えて、歯周病治療に取り組んでいます。

歯周病の治療方法

歯周基本治療

スケーリング(歯石除去)

歯の表面や歯根の目に見える範囲内に付着した頑固な歯石を、専用の機器を用いて除去します。歯石自体は歯周病を起こすものではありませんが、歯石に歯周病菌が住み着いているため除去する必要があります。

ルートプレーニング

歯ぐきに隠れて見えない範囲の歯根(ルート)面に溜まったプラークや歯石、沈着物、死んでしまったセメント質などを、特殊な機器で除去する処置です。汚れや細菌が再び付かないよう、歯の表面を滑らかにします。

噛み合わせの調整

噛み合わせがずれているために、歯に余計な力がかかると、歯周病が悪化しやすくなります。
噛み合わせを調整することで、歯への負担を少なくすることができます。

歯ぎしりの治療

歯ぎしりには何パターンかありますが、無意識に行われてしまうことと、歯に強い力がかかるため、歯周病を悪化させる原因のひとつになっています。個々の原因と症状に合わせた治療・予防法をご提案しています。

歯周再生療法

歯周再生療法とは、歯周病などで失われた歯の周りの組織や骨を再生する治療法です。
方法は大きく分けて3つあります。

  • 失われた歯の周りの組織周辺にお薬を塗る方法
  • 膜を置く方法
  • あごの骨などを移植する方法

こうして骨を再生させることで、歯を抜かずに保存することができます。
骨を再生させることができれば、歯周病も改善し、再発のリスクを少なくすることができます。
患者さまの歯を抜かずに、長持ちさせることのできる治療法です。

使用するお薬や実際の治療方法などはクリニックごとに変わってきますので、まずはご相談ください。当クリニックでは、患者さまが納得のできる治療法をお選びいただけるよう心掛けています。