小児歯科

小児治療で心掛けていること

小児歯科は、乳歯が生え始めた赤ちゃんから、永久歯に生え変わるまでのお子さまを対象とした診療科目です。虫歯の治療はもちろん、予防処置や健康な永久歯の発育促進など、お子さまのお口と体の健やかな成長をサポートする役割があります。

幼いころの虫歯や歯並びは、お子さまの日常生活にも大きく影響します。虫歯があるため食事が楽しめないと精神的なストレスを感じますし、歯並びや噛み合わせが乱れていると外見的なコンプレックスになることもあります。

当クリニックでは、健康な永久歯が正しく生えてくるように、そして、一人ひとりの成長にあわせて健康の基盤を作ってあげられるよう、適切なタイミングで治療の提案やアドバイスをしております。

お父さんお母さんへ

「乳歯が虫歯になったらどうしよう」
「歯並びは大丈夫かな?」

お子さまの歯にまつわる心配ごとはつきません。当クリニックの小児歯科は、そんなお母さまとお子さまの強い味方です。

専門医がお母さまと一緒に、お子さまの歯を考えます。お口の健康を守り、維持できるようお手伝いします。

お子さまのお口に関して、心配ごとや知りたいことなど、何でもお気軽にご相談ください。

小児の虫歯治療

乳歯の虫歯でも、放っておくとどんどん進行し、重症化すると顎の発育を妨げてしまいます。やがて、永久歯が正しく生え替わるための障害になり、歯並びの乱れを引き起こすリスクが高くなります。

ですから、乳歯の虫歯であっても、油断せず、きちんと治療をしてください。

なによりも、お子さまのうちから歯に関して正しい知識と意識を持つことは、大人になったときの虫歯予防や歯周病予防にもつながります。

お子さまのうちから歯科医と仲良くなっていただきたい。

長い将来にわたってお口の健康の基盤をつくるお手伝いができればと考えています。

小児の予防歯科治療

■定期健診

定期的にお子さまのお口の中をチェックし、虫歯がないかどうか、歯みがきがきちんとできているかどうかを確認します。必要に応じて治療や予防処置を行い、お子さまのお口をずっと健康な状態に維持できるようサポートします。

■フッ素コーティング

フッ素が含まれたゼリータイプの塗布剤を歯の表面に塗り、コーティングすることで、お子さまの大切な歯を虫歯から守ります。

■シーラント

食べかすやプラーク(歯垢)がたまりやすい歯の溝は、お手入れがしにくい場所です。その溝をあらかじめプラスチック樹脂で埋めてしまうことで、お子さまのデリケートな歯を虫歯から守ります。