インプラント

インプラントを検討している方へ

歯を失ってしまうと、「思うように噛めない」「外見に違和感があって笑えない」など、さまざまなストレスの原因になります。

ご自身の歯と同じように自然な「噛む力」と「外見」を取り戻せるのがインプラントのメリットです。天然歯に近い質感の素材を用いるため、違和感のない自然な仕上がりになります。入れ歯やブリッジよりも耐久性に優れ、汚れが付きにくいためお手入れも簡単です。

また、入れ歯のようにガタついたり、外れてしまったりといったこともありません。治療によって周囲の歯を傷つける心配もありません。「義歯(入れ歯)には抵抗がある」「もっとしっかりと噛みたい」とお考えの方に適しています。

インプラントをご希望の方は、ぜひ当クリニックにご相談ください。

インプラントの治療法

インプラント治療は、「インプラント」とよばれる人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上から人工歯を被せて固定する治療法です。

インプラントの埋め込みは、数十分から1時間で終わります。手術時は麻酔を使用しますので、痛みはほとんどありません。術後に腫れによる違和感や痛みが出る場合もありますが、数日で治まります。その後、インプラントが顎の骨に馴染むのを6週間ほど待ってから人工歯を被せます。顎の骨の量が少なく造成手術が必要な場合は、治療完了までに3~6ヶ月ほどかかります。

インプラント治療は、顎の骨が完成している成人であれば、基本的にどなたでも治療を受けられます。ご自身の歯が少ない方であっても、残っている歯の本数にかかわらず、治療を受けていただけます。治療が完了した日から噛むことができますので、ご自身の歯が少ない方にこそ、インプラント治療の効果を感じていただけるでしょう。ただし、全身疾患のある方、妊娠中の方などは治療が難しい場合がありますので、歯科医師にご相談ください。

種類

スクリュータイプ

ネジの形をした一般的なインプラントです。骨に埋め込む穴が小さくてすむため、噛む力を効率よく骨に伝えることができます。先が細い「ルートタイプ」と、太さが変わらない「ストレートタイプ」の2種類があります。

シリンダータイプ

円筒形のインプラントです。スクリュータイプと同じくらい使用されています。ネジのらせんがなく、表面が平らであるため、埋め込みが簡単です。ただし、表面積が小さいことから、初期固定が弱いとされています。2回法の治療に適しています。

バスケットタイプ(スクリューシリンダー)

スクリュー型とシリンダー型の両方の特徴をもったインプラントです。円筒形のインプラントですが表面にはネジのようならせんがあります。中は空洞で、側面に穴が数箇所開いています。この穴のおかげで骨が中まで入り込み、骨とより強く結合できます。内部が空洞のため他のインプラントより強度は弱めです。

ブレードタイプ

T字の板状になっているインプラントの種類です。幅が狭く薄いため、骨幅が狭い部分に使えるメリットがあります。ただし、力のかかり方に偏りがあり、破損などが起きやすいという欠点があるため、現在はほとんど使用されていません。

板状のタイプ

骨幅が狭い部分にも使用できます。現在このタイプはほぼ使われていません。

インプラントの材質と手術の種類

純チタン 強度があり、腐食にも強く、金属アレルギーも起こりにくい素材です。骨と結合しやすい点も特徴です。
チタン合金 純チタンと同じように骨と結合しやすい素材です。純チタンより強度があり、加工しやすい点も特徴です。
チタン・ニッケル合金 チタン・ニッケル合金は形状記憶合金としても有名です。純チタンよりも骨との結合のしやすさは劣りますが、加工しやすいという利点があります。

1回法と2回法

インプラント治療には外科手術が必要です。手術の方法には1回法と2回法があります。
1回法とは、インプラントを埋め込み、インプラントと歯をつなぐ支え台を連結するまでを、1回で行う外科手術です。
2回法では、1回目にインプラントを埋め込んだ後に、インプラントと骨が結合するまでしばらく待ちます。約3から6ケ月を目安にお考えください。2回目に、インプラントと歯をつなぐ支え台を連結する手術を行います。

どちらの手術が適しているかは、患者さまによって異なります。当院ではお一人おひとりに合わせた説明と提案をしていますので、お気軽にご相談ください。

アフターフォロー

治療が完了した後は、丁寧な歯磨きによる毎日のケアと定期健診で、口腔内を清潔に保ちましょう。インプラント治療で使用する人工歯が虫歯になることはありませんが、歯周病の進行によって顎の骨が侵されると、せっかく埋めたインプラントが抜け落ちてしまうおそれがあります。

毎日のケアを続けていても、お口の中はさまざまな雑菌の温床になりがちです。また、歯周病は気づかないうちに症状が進んでしまう病気。大切なインプラントを長く使い続けるために、数ヶ月に一度は健診を受けて歯周病の原因となる歯石・歯垢を除去しましょう。治療の完了をゴールとは考えずに、継続してケアすることが大切です。