入れ歯

当クリニックの入れ歯の考え方

現在お使いの義歯(入れ歯)で、しっかりと噛むことができますか?

食べたいものを美味しく食べられる義歯選びは、毎日をより生き生きと過ごすことにつながります。

当クリニックでは、患者さまのお口の状態を把握し、ご要望をしっかりと伺ったうえで、患者さまにとってベストな義歯をお作りします。義歯についてお困りのことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

「義歯(入れ歯)で噛むと痛くなることがあるのですが…」
長時間入れ歯装着していると、歯ぐきに負担がかかって痛みを感じることがあります。また、入れ歯が合わなくなってしまったことも考えられます。歯ぐきに炎症を起こしているかもしれませんので、早めに歯科医院に相談しましょう。

「入れ歯が合わないのですが、入れ歯安定剤を使ってもよいでしょうか?」
装着時に違和感のある場合は、入れ歯が合っていない可能性があります。入れ歯安定剤は一時的な対策と考えて、早めに歯科医院へ相談することをおすすめします。

「保険の入れ歯」と「自費の入れ歯」の違い

義歯(入れ歯)には、健康保険が適用されるものと、自費での作製となるものがあり、おおまかに次のような特徴があります。

保険適用
  • 顎にあたる「床」の部分がプラスチック製
  • 割れを防ぐために厚みがある
  • 保険適用のため費用をおさえられる
自費
  • チタン、コバルトなど、金属床のものが多い
  • 軽く薄いため装着時の違和感があまりない
  • 熱を伝えやすく、食べ物の温度がわかる

入れ歯の種類

保険適用

  • 歯科用プラスチックを使用し、費用をおさえて作製できます。
  • 金属のバネ(クラスプ)を歯にひっかけて固定します。
  • 外見上、金属の部分が気になる場合があります。

ノンクラスプデンチャー

  • 金属のバネ(クラスプ)を使用しません。
  • 装着感に優れ、見た目が自然です。
  • 金属を使っていないためアレルギーの心配がありません。

金属床入れ歯

  • 使用する金属の種類を選ぶことができます。
  • 劣化しにくく丈夫です。
  • 熱伝導性に優れ、食べ物の温度を楽しめます。

※お選びいただける金属の種類

  • チタン床:軽量で装着感に優れています。生体への親和性が高くアレルギーの心配がありません。
  • コバルトクロム床:金属床として、もっとも使われている素材。チタンと同じくらい軽量で、たわみにも強く丈夫です。
  • ゴールド:とても軽量で、装着時の違和感が少ないのが特徴。アレルギー反応を起こしにくく、体に優しい素材です。